四街道市で痛みや疲れが良くならないとお悩みの方は、都賀治療院の整体や鍼灸で元気な身体へ!

top_pc


肩こり及び頚肩腕症候群について

(1)肩こり、及び頚腕症  
この漠然とした病名は、首から肩、背中、肩甲骨、腕、手のあたりに出現する痛み、コリ、シビレ、循環障害、運動制限などの症状が出る疾患群の総称です。 その中で病名がはっきり特定できるものについては、別途、病名で呼ぶことになっています。
原因は頚、肩、上背部腕の筋群、筋膜、腱、骨格及び、脊髄神経根、神経叢や末梢神経あるいは血管などが、直接、間接に圧迫や過緊張などから刺激を受けて発生するものです。
時には、内臓疾患からの反射性疼痛として起ることもあります。 頚椎症、頚部椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、腱板断裂、胸廓出口症候群(胸廓の出口において第1肋骨、斜角筋、鎖骨などによって囲まれた部分で、そこを通る血管、神経が圧迫される結果発生します。 神経・血管圧迫症候群、斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群、第1肋骨症候群、鎖骨下筋症候群などが含まれます)。症状としては、肩から上肢にかけての痛みやシビレなどで、上肢の拳上で症状が増悪することがあります。 外傷、炎症、腫瘍による頚腕傷害や職業性頚腕障害もあります。
これらはまれに発生する腫瘍や内臓由来のもの,手術適応のものなどを除いた、ほとんどのものが保存的治療の対象です。
そして主に神経根の圧迫や炎症性のものが殆どですから、対策としては痛みやシビレなどの症状を憎悪させる動作や姿勢をしないで、一定期間安静と適切な治療で快方に向かいます。
(2)適切な治療と同時に枕が重要なポイント
頚肩腕症候群は枕について良く研究する必要があります。よくある間違いは、枕は低い方がよいとか、頚部に当たる部分が盛り上がっていて頭部がくぼんでいる医療用の枕(低反撥枕やドーナツ型枕など)だからよいはずだ、という固定観念です。 頚肩腕症候群の場合、うがいなどで後ろへ首を傾けると痛みやシビレが誘発、増悪する場合がよくあります。
この時、枕が低かったり、または、頸に当たるところが盛り上がっているものでは、頸を後ろに反らしているのと同じ原理ですから、症状が悪化する場合があります。 症状が短時間では出なくても、朝目覚めたときに悪化していれば、寝ている姿勢がよくなかったということが考えられます。
座布団やバスタオル、毛布などを工夫して枕を楔形にして、横から見ると頭頚部がやや前傾している形にすると痛みやしびれが改善することが多いです。 起きているときも後ろに反らすよりは、軽い前傾姿勢の方が楽ですから、寝ている姿勢もそうした方がよいのです。
つまり、軽い前傾姿勢(痛まない姿勢)のときは、炎症部分(靴づれと同じ)をこすらない姿勢ですから、痛みも軽減し傷口も治っていくのです。もちろん、安静期間は1~2日の期間では充分ではなく傷が治る期間が必要です。 痛みがかなり軽減しても、治り切るまで痛む動作をしないという原則を守りましょう。少しでも痛みが残っていれば、未だ傷が完治していないので、すぐ再発します。とにかく完治まで徹底した安静(痛いことはしない)が最短期間で治るのです。
(3)具体的な生活指導が重要
こういう時も一般に、首や肩を廻したりして、一所懸命運動している人がいます。
ある動作で痛みが出れば、それは決してやってはいけない動作なのです。 立位、座位で腕を自然に垂らしていると、腕の方までズーズーと痛むケースがあります。
これは、腕の重みで首肩から腕がぶら下がり、脊髄神経も一緒に引っぱられるため、神経根の炎症部分(傷口)がヘルニアで突出した髄核や、変形した骨棘などで、さらに強く圧迫されて、その神経の支配領域に痛みが走るものです。
これは腕が重力で引っぱられるのが原因ですから、悪い方の腕を持ち上げておけばらくになります。
肘掛け椅子の場合は、座布団などを肘掛けに乗せてひもで固定してひじ掛けを高くします。
その上に肘を乗せて、いつも腕が下から突き上げられた状態で維持すると神経が緩み、神経根の傷を触らなくなるため、痛みもらくになり傷も治り始めます。
肘かけがない場合は机に斜めに向かって椅子に座り、悪い方の肘を乗せておくと楽です。
立っている場合は正常な方の手で持ち上げておくか、背広などのポケットに手を入れておくか、ズボンのバンドに親指を差し込むと、持ち上げられた状態を維持できます。
また、三角巾でつっておくなど、要は他力で腕を持ち上げておくのがよいのです。自分の力で持続的に持ち上げておくと、その筋肉が疲労して凝ったり、ひどければ痛みに変わり、本来の症状にプラスされて、余計悪化しますので、他力で持ち上げておくのが鉄則です。 また、うつ伏せ寝で枕の上に顔を横向きにして寝るなどは、結果として後ろへ反ったり、捻ったりしているのと同じですから、悪化する姿勢です。 またその際、左右どちらを向くかで症状が出たりでなかったりします。しかしあくまでも痛みやシビレが出るかどうかで決めて下さい。

2 頚、肩、背中、腰のコリ
(1)コリは侮れません

筋の軽い収縮が長時間に渡り続いた場合、そこに乳酸などの疲労物質やヒスタミン、ブラジキニン、などの起炎物質(炎症を誘発する物質)が増加して筋繊維が膨張して血管を圧迫すると、ますます筋拘縮が進み強度の循環障害が発生します。 次いで組織の酸素欠乏からの痛みの発症という悪循環におちいります。それを効率よく断ち切るのが、良い治療ということになります。
たかがコリされどコリという言葉がありますが、コリも程度が強いと大変苦痛を伴います。 特に頚、肩の場合は単なる肩こり感に悩むばかりでなく、限界を越えると寝違え様の激痛が発症して全く首を動かせない状態になるとか、片頭痛や後頭神経痛、頭重感、吐き気、めまいなども生じて、一大事の様相を呈してあわてることがあります。 こうなると脳に何らかの異常が起きたのではないかと、救急車で脳外科へ受診したりするひともいます。そして検査の結果異常なしの診断で安心し、医師もコリの治療を勧めたりして私達のところへ来院するケースがよくあります。
こういう場合は頸・肩の凝りを解消すると、片頭痛や吐き気などの症状は顕著に改善します。 家庭にいて自分で対処できる軽い程度の場合、まず発生要因と思われるもの(編み物、読書、パソコン、ゲーム、うつぶせで読み物をするなど)を一時休んで、ストレッチや自分の手を当てる、さする、指圧など。また患部に蒸しタオルをのせる、風呂に入るなどして温める。 あるいは、床に大の字に寝て完全に力を抜いた状態で、重力ストレスを解除してやるとか、自律神経訓練法でリラックスを図る等で効果が出ます。 そして肩がこるような作業を再開するときは長時間、根を詰めてやらず、間で休憩をとりながらストレッチを挟むようにするのがコツです。
(2)当院での頸肩腕症候群の治療法
ハリ、キュウ、整体、骨盤調整、陰指圧、筋膜マッサージ、超周波数帯域低周波通電療法(エグゼトロン)温熱療法、吸角療法(吸い玉療法)などから症状に合わせて選択、あるいは併用します。
特に頑固な凝りで皺が寄った筋膜を延ばすのに、ハリと陰指圧が顕著に効きます。 治療は症状のある部位のツボや、関連のツボにハリを気持ちよく、ひびくように刺すと一瞬で楽になります。その後、陰指圧や筋膜マッサージを併用するとさらに症状が楽になります。 近年肩こりの原因に「筋膜」が注目されています。しかも、今まで無視されていたのに、急に注目されたので、「筋膜」を医療界のシンデレラとウオンでいます。レントゲン写真には、骨しか映らなかったため筋肉や神経、靭帯などの軟部組織は無視され、骨との関係性を中心に診断、治療がなされていました。
しかし、超音波やMRIなどで軟部組織の状態が、映像で確認できるようになって、肩こりは筋膜が肥厚し、皺が寄っていたことが分かって来ました。そして肩こり治療が飛躍的に発展しました。 そこで筋膜の肥厚部分まで、針を刺して刺激し、肥厚を解除することと、皺を延ばすことが治療のポイントになってきました。 それには筋膜に持続的な牽引作用を及ぼす当院独自の「陰指圧」と「筋膜マッサージ」がとても気持ちよく、しかも効果が高くて持続することが分かりました。 当院は既にこの方法を35年前から行っていて、非常に良い結果が出ています。 そして自分で行う日常のストレッチを、患者さんにご指導し、併用して頂くと一層効果が高まります。
(3)ストレッチの意義とコツ
ストレッチは、コリで縮んでいる筋線維と筋膜、及び栄養血管を持続的に伸ばすことで、筋を緩め血管を広げて、循環障害を改善する作用があり、近年にわかに注目を集めています。 筋組織は極端な酸素不足になると痛みを発して警告します。例えば、狭心症の発作時や血管狭窄性間歇性跛行(下肢の動脈が閉塞したため、一定の距離を連続歩くと、ふくらはぎに痛みが出てビッコを引くこと)などがそれです。 そして、ストレッチは痛みが出る程、強くはやらず、のびて気持ちがいい程度にとどめます。一動作40秒以上やるのが一番効果が高いという報告があります。普通に見かけるストレッチは、時間が短すぎて効果がうすいと思います。 また、私たちは日頃、疲労や冷えなどで筋肉がつってしまうことがありますがその筋を最大に伸ばした位置で、2分間維持すると痛みが無く回復することが殆どです。 例えば一番多い部位は、ふくらはぎですから、つま先を引っ張って足首を背屈させて2分間維持します。早めに終わらせると再びつってきますので時間を守って下さい。 そして、温めると筋肉が緩み血管も拡がって血流がよくなり、老廃物や痛み物質が腎臓に運ばれ尿として排泄されますので体が浄化され楽になります。
(4)コリにもいろいろある
背中のコリは長時間同じ姿勢による疲労から来る普通のコリと、内臓からの反射性のコリ、頚からの脊髄神経と筋肉的つながりの影響などがあります。 稀にくも膜下出血からの項頸部や肩背部から胸部までの強烈な、こわばりが混じっていますので注意が必要です。 特に頚椎の椎間板ヘルニアなどは、肩甲骨内縁付近から腕の方まで、神経支配領域に沿った、痛みやシビレの症状が強く出ます。 そして長期化すると筋肉が繊維化し筋膜が肥厚して、擦るとジョリジョリ、コキコキという音がして、筋膜マッサージや陰指圧でとても気持ち良さを感じ、直後から楽になります。また場合によっては痛みが過敏になっていることもあります。 急性期の強い痛みで頸がロックしているような状態では、指圧やストレッチは不適ですが、ハリはよく効きます。同時に痛む姿勢や、動作をしないという生活指導をします。普通のコリに対しては針灸・筋膜マッサージ、陰指圧、低周波通電などの物理療法、ストレッチや温熱などが有効です。
(5)腰にもコリがある
腰コリという言葉はあまり聴かないと思いますが、言葉が無いだけで、実は腰は非常にコリの出やすい部分です。一般に痛みもコリも腰痛という言葉でひとくくりに表現されているだけです。 腰の凝りと痛みは厳密な境界はありませんが、大体の鑑別法は押したり、揉んだり、ストレッチして気持ちよければコリ、痛ければ腰痛というふうに分けます。 また、コリが限度を越えると痛みに変わりますので混在している場合もあります。その場合の治療法は「痛いけど気持ちよい」という俗に「イタギモ」の微妙な強さが最効に効きます。 なお、指圧したとき痛みだけが強くて、気持ち良さが無い時は、炎症が起きているので、そういう時にもんでしまうと、動けないほど悪化してしまうことが多いので、強い刺激はいけません。 文明生活では長時間の座業が多いので、腰のコリも増えました。時々立ち上がり歩いたり、立ったままのストレッチ(一動作40秒間)が有効です。 凝っている筋肉が有効に伸張される角度(引っぱられて気持ちよいと感ずる)を見つけて、ゆっくりと40秒ぐらい行います。決して痛みを出さない範囲内にして下さい。30分から1時間に1回位行うのが理想です。 コリ全体に対して姿勢が重要で椅子の高さは身長の28%、机は45%が理想的な脊柱の姿勢で椎間板への負担も少ないし、疲れにくいといわれています。長時間の仕事では姿勢のわずかな差が大きく影響してきます。 職場の机は高さ調節のできないものがほとんどですが、机の脚に不要の雑誌などを挟み自分で調節できます。 近頃はキッチンテーブルの高さは、主婦の身長に合わせて作るのが常識となりました。しかし人生の大部分を過ごす職場の「机と椅子」という大事な道具を、安物で間に合わせている会社が少なくありません。 しかも、一般の事務机は高さ調節が出来ない構造が当たり前で、この点業界は遅れています。真剣に見直したいものです。

2.むち打ち症について
(1)発生のメカニズム
  
体に急激な加速度が生じるような事柄、一般には自動車で停車中に後方から追突されて発生します。むち打ち症は自動車が普及した結果、追突事故で車ごと人間の身体が、後ろから急加速された結果、首が鞭の先のような動きを強いられ、発生したものです。 他にも、スキーで転倒したり、後ろから強い力で体を急に押されたりして発生します。第1段階は、頭部が慣性の法則でそこに停まり、体幹部は前方に急速移動する結果、頭頚部が後方へ過伸展し、第2段階としてその反動で前方へ過屈曲し、第3段階として、もう一度後方へ過伸展します。 その際、頸椎は前屈の場合、顎が胸にぶつかってそれ以上行かないが、後方へ過伸展した場合、後頭部には顎のような、過剰な運動を制限する突起物がないので、本来の生理的な運動範囲を超えてしまい、頚椎をとりまく軟部組織が損傷するものです。鞭打ちは自動車の追突という現象が出現して、初めて発生した怪我で、それまでは殆ど鞭の先の様な受傷状況は無かったのです。 近年は座席にシートベルトやヘッドレスト、エアーバッグが標準装備されていて、比較的安全性が保たれているように思います。 また今までは原因不明だった、難治性のむち打ち症として、脳を包んでいる膜が破れて、穴があき脊髄液が漏れてしまい、その中に浮いていた脳が下方に下がった結果、症状が重症、長期化している「脳脊髄液減少症」が近年注目されています。 これは入院して血液の凝固作用を利用して、穴をふさぐブラッドパッチ療法(血液でつぎはぎするの意)が行われていてしばしば功を奏しているようです。頑固な症状が長引いている場合は一度検査をしてみましょう。
(2)画像上に所見が現れなくても軽視しないこと
むち打ち症は大抵レントゲン写真で頚椎の異常は指摘されず、その場合診断は全治2週間の「頚部捻挫」というものですが、実際には半年~1年以上の治療を要するものも珍しくありません。 そういうものはレントゲン写真に写らない筋肉、靭帯、椎間板などに障害があることが推察されます。 また以前から、頚椎椎間板ヘルニアや椎間板症、頚椎の変形、頚肩腕症候群、片頭痛、肩こり症などを持っている人が事故に合った場合は、事故の程度が軽い割には症状が重症、長期化することがあります。 さらに、事前に事故を察知して身構えた場合は軽く、逆にぶつかる瞬間まで気付かなかった場合は、筋肉に力が入っていないため重症化するなど、受傷時の状況によっても被害程度が違います。 また、筋力の弱い女性でやせ形の人などは重症化しやすく、反対に男性で筋肉のしっかりしたひとなどは筋肉に防護されて軽症の傾向にあります。 そしてまた、事故の相手に対して対応の悪さや不満がある場合、あるいは示談交渉がこじれている場合など、それが解決されない限り経過が長引くことがあります。  むち打ち症はその発症の成り立ちからして、被害者意識や、また被害者の性格や利害関係なども加わって、精神的影響を受けやすい疾患の最たるものだと思います。 また近年、親の子育て上の無知や虐待から小児を激しくゆさぶり、脳や脊髄に障害を起こしてしまうか、場合によっては命の危険さえある、ゆさぶり症候群という不幸な現象もありますが、これはむち打ち症のひどいもので脳にまで影響したものです。
(3)鞭打ち症の症状と治療のポイント
症状としては、頭痛、頭重、吐気、首肩背部のコリ、腕にかけての痛みやシビレ、運動痛などです。 自宅での枕の高さは重要で、高すぎず低すぎず、例えばうがいをして患部と背や肩腕にかけて痛みやシビレなどの症状が増強する場合は、低い枕はいけません。 楔形の枕で一番楽な高さに調節して下さい。枕は低いほどよいということでもなく、また医療用として開発されたという触れ込みで、販売されている低反発の枕で頚の部分が盛り上がっているものは、頸を後ろに反る姿勢と同じになるのでよくないことが多々あります。 またあお向けのときと横向きに寝るときには当然、枕の高さは異なりますので2種類用意するか、両端が高くなった枕が良い場合もあります。現在使用している枕の下にタオルなどを詰めたり、センベイ座布団を2枚ずらして楔形を造ったりして、結果として一番らくな高さに調節して下さい。 決していつも使っている枕にこだわらず、ケガという特殊な状態ですから臨機応変に対応して下さい。 朝起きて症状が悪化していたら、夜のうちに何か問題があったということで、多くは寝る姿勢(仰向け、横向き,うつ伏せ)と枕の不適切が原因であることが多いです。
(4)初期は安静とドルフ使用(頭の重力軽減と運動制限)が早期治癒の決め手。
頭は意外に重いものです。約5㎏位ありまして、肥った人はさらに重くなります。傷んだ軟部組織と筋肉が、頭を支え続けるのは過酷ですから、しばらくは頭を支える助けをしてやる必要があります。 重症の場合は初期の一定期間、寝ていることが最も安静になりますし重要です。むち打ち症は、レントゲン写真的には「異常なし」が殆どですが、それで、即、安心せず、その周辺の軟部組織が、損傷している可能性がある、新鮮な怪我と認識することです。 在る研究で、靭帯や筋線維に分布している、毛細血管がズタズタに切れているという報告もありますから、特に受傷の初期は固定と安静が重要です。 事故直後のレントゲン所見では「異常なし」と言われて軽く見た結果、重症化している患者さんが、少なからずいらっしゃいます。 本来、医療者が固定と安静の重要性と、痛みを出さない生活指導をするべきですが、情報が無いということは大変な損になります。
実はむち打ち症こそは、初期の安静の最も重要な疾患の1つなのです。また、靭帯や筋線維は骨よりは再生能力が弱いので、断裂した部分を動かしているとくっつきにくくなり、治癒が長引いてしまうのです。 動かすことは、丁度治りかけたかさぶたをはがして、再び出血することを繰り返しているようなものです。 しかし一般には骨折と聞けばさあ大変、とばかりにしっかり固定して安静をとりますが、捻挫や挫傷と聞けば軽くみて固定も安静もせず使い続けて、結果として治らず長期化している傾向があります。 診断で最もポピュラーに使われるレントゲン写真は、主に骨しか写りませんので、軟部組織の診断に関しては極めて頼りないわけです。しかし120年以上にわたって医療に大変貢献もしてきました。
因みにレントゲン線は1895年11月8日(金)午後4時半ごろ発見されたそうです。ドイツのヴュルツブルグ大学のウィルヘルム・コンラッド・レントゲン教授の陰極線の実験中、部屋の隅に置いてあったシアン化白金バリウムの蛍光紙が、何かの刺激を受けて光っていたことから偶然発見されました。 この時実験に使った、クルックス管の電極からガラスを透過する何かが出ていて、それが未知の光線という意味でX線と名付けられました。そしてまもなく奥様の左手の写真を撮って、骨がはっきりと写っていたのが医学的応用への始まりでした。 レントゲン博士はその功績でノーベル物理学賞を受賞していますが、博士の偉いところは万人に役立ててほしいと、特許を取らなかったことです。 当時は放射線障害のことは分っていませんでしたし、それはそれで大変な役割をしたものですから、「レントゲン無くして医学なし」とまで言われました。 しかしあまりにも骨の写真がよく写るものですから、特に整形外科医は病気を骨と結びつけて診るくせがついてしまったのです。 そしてそれ以来、レントゲンに写りにくい軟部組織は、ずーっと無視され続けて今日に至っております。
そして、今でも整形外科ではレントゲンに写る骨の所見に、必要以上にこだわる傾向があり、痛みが長期化している患者さんへの原因説明に、骨や関節の変形と加齢を言いすぎる傾向があります。 ところが変形が原因だからなかなか治らないのは仕方ないですね。と指摘された慢性疼痛疾患の方たちが当院の「痛いことをしない」という原理と治療の組み合わせで面白いように治っていきます。 しかも治癒後再びレントゲン写真を撮っても、以前と全く同じという結果です。つまり頑固な痛みは変形が問題だったのではなく、炎症が発生し長期化していただけなのですから炎症を治めれば治ります。 これは治らない原因として骨の変形が絶対条件ではないという証拠です。骨の状態を中心に診断する傾向を私は整形外科メガネと呼んでいますが、他の診療科もやむを得ないことですが、多かれ少なかれ自分の専門の眼鏡で診る傾向があります。 人体の骨は約200個なのに筋肉は400個もあって人体中最大の組織ですから、もう少し軟部組織の専門家がいても良いと思います。 例えば、皮膚科、内科、脳神経外科、整形外科などと同じように、「筋肉科」とか「軟部組織科」という具合です。 そうすれば、むち打ち症や肩こり、頚腕症候群、腰痛等の治療に、もう少し成果が出るのではないかと思います。
また内臓はレントゲンに写りにくいので造影剤(バリウムやヨード剤、空気、炭酸ガスなど)を使っていましたが、近年軟部組織や臓器に強い超音波やX線CT,MRIなどが開発され便利になりました。 従って軟部組織に弱いレントゲン的診断は参考程度にして、画像診断で得られた情報も盛り込みながら、あくまでも患者さんの「症状を主体に対処」すべきと考えます。 また、むち打ち症においては、加害者の代理人である保険会社が、事故発生日から一定の期間で治療終了を交渉してきますので、しばしば被害者とトラブルになっております。 症状が残っていれば、遠慮せず納得行くまで治療すべきです。事故の補償は現状復帰が基本ですから。もちろんその前に、適切な治療法を選ぶことは大原則です。  
治療法はいろいろありますが、一般的には整形外科、接骨院、針灸院、指圧、マッサージ、カイロプラクティック、整体、気功などのジャンルから、自分に合ったものを選びましょう。その判断基準は、いたって簡単で治療後症状が楽になることです。 たまに好転反応として一日ぐらいは、重だるいとか筋肉痛などが出ることがありますが、これは患者さんの体力や症状に対して過剰な治療量になった場合に起こります。 しかしあくまでも好転反応は一過性で、軽いものに止めるべきであり、好転反応は出ないに越したことはありません。また、長期的(普通3日~7日もあれば分かります)にみても症状が改善していることが大事です。 少なくとも横ばいか悪化している場合は、治療法を再考すべきです。そして何度も言いますが、痛みや症状が悪化する動作や姿勢、治療法は避けるべきです。 
初期の首の固定は早く治るために、あるいは重症化させない為には重要です。よくある間違いの例として、結構重症でも筋力が落ちるのでなるべく固定はしない方がよいとか。 いつまでも固定していると筋力が落ちてよくないから、早目にはずしてリハビリを、と考えるひとがいらっしゃいますが、はずした結果症状が悪化したら、それは未だ早すぎるということですから、ためらわず再び装着して確実に治って行くことを優先して下さい。その期間は受傷後の期間の長短には関係ありません。
(5)肩こりからの後頭神経痛(片頭痛)
首、肩こりが高じて二次症状として発生する神経痛に後頭神経痛があります、上部頚神経が集まって頭蓋骨の外側に分布する後頭神経を構成します。 これは片側の後頭部から同じ側の側頭部やコメカミ、時に目の奥にまで痛みが出ます。後頭神経痛は首の上部と頭部の接合部の強いコリで発生するものがほとんどです。 これは特に首のコリの強い人が夏、クーラーの使い過ぎで、発症することが殆どです。凝りのため循環障害を起こしている部位が、冷えて収縮し後頭神経の筋肉貫通部で締めつけてしまい発症する訳です。 頭痛ということで、脳の病気だと思い慌てて脳外科へ受診して異常なしと言われ、肩こりから来るということで針灸・マッサージ等の治療を受けて楽になる人が結構います。 頭痛の80%は首、肩のコリから来るという統計もあります。しかし、中には重大な脳やその周辺の病気が含まれていますので、しかるべき検査は怠らないようにすべきです。 かつて、意識ははっきりしていて、首を寝違えて肩が凝ると言って来院した中年女性を診たら、くも膜下出血だったので大急ぎで脳外科へ送り緊急手術で無事正常に回復した嬉しい例もあります。 うっかりマンネリ化の中で仕事をしていると、時々そういうケースが混じっていますから油断はできません。
(6)ストレイトネック(真っ直ぐな頸椎)
比較的筋力の弱い人に於いて前傾姿勢が長期間続くとストレイトネックと言って頸椎の生理的前弯(前方突の湾曲)が無くなり、真っ直ぐな頸椎になってしまう人が大勢いますが、この方たちも頑固な肩こりになりやすいです。 やせ形で頸が細く長い人で女性に多いです。正しい筋力と骨格と姿勢がいかに重要かを物語っています。 治療はハリ・キュウ、指圧、マッサージと筋トレ、整体で矯正が可能です。

3.五十肩
(1)あやふやな発生原因と定義

これは、40~50才頃によく発症するということで、いわゆる40肩、50肩と呼びますが、狭義には、肩関節そのものの痛みと運動制限が中心で自然に発症して次第に悪化し、半年位でピークを迎え、その後自然に回復して行き約1年位で治って行く典型的症状をいいます。 広義には、肩関節周囲炎といい肩関節の腱板や滑液包の炎症や首~肩甲骨周辺のコリと痛みと運動制限の伴う、肩関節周辺組織に症状が及ぶものをいいます。70~80才になっても時々みうけられますが、そういう人は体が若いということでしょうか。 原因は年令による退行変性ということですが、はっきり分かっていません。外傷や内臓の手術、体の変調などがきっかけで発症することもしばしばあります。症状は、いつとはなしに肩関節の可動制限が始まり、次第にひどくなって行きます。 症状のピーク時は、可動範囲の限界まで動かすと激痛が走り、一度痛むとその痛みがしばらく余韻として残ります。また、そのピーク時は特有の夜間痛があるのが特徴です。 その理由は、上腕骨の骨頭を包む軟部組織(ローテイターカフ)は、立位のとき常に重力で下に引かれていて、適度な貧血状態にありますが、就寝時は重力がはずれて組織が緩むために充血して、炎症と重なって疼くように痛むということです。 そして、痛みの為に眠れず昼間の仕事にも影響するなど、結構つらいものがあります。
(2)五十肩の夜間痛対策
また、あお向けに寝ていると次第に力が抜けて上腕が重力で下方(背中側)へ引っ張られますが可動範囲を超えると、関節包やじん帯に張力が加わり痛みが出ますので、患側に座布団などを当てて肩から指先まで腕全体を少し持ち上げた(5~10cm位)状態に保つと、痛みが出にくくなります。 横向きで寝るときは、患側を上にして丁度肩の位置と同じ位の高さの抱き枕(毛布などを円筒状に丸めて)を用意して腕をのせておくと楽です。 そして、あお向け時用意した座布団などと、横向き時の抱き枕をそのまま置いておき、あお向けと横向きを交互に姿勢をかえると、楽に過ごせ不眠の解消になります。
(3)五十肩の痛み対策
さて本命の痛み対策ですが、肩関節周囲炎においてもしばしば間違った対策が行われております。初期の頃は軽い痛みと軽い運動制限で始まりますが、動きづらいので動きやすくしようとして、リハビリに励む人がいらっしゃいます。 そして、少し痛いけれど我慢して動かしていれば、そのうち楽になってくるだろう、という考えで頑張る訳です。そして努力家ほど頑張って、しかしらくになるどころか肩の炎症は次第に悪化していきます。 特に熱心に運動した後やその夜などは、痛みがいつもより強くなることが殆どです。肩関節周囲炎では、次第に痛みと運動制限が進行しますから、動かさないでいるとやがては固まってしまい、一生そのままだったらどうしよう、という不安が誰しも頭をよぎります。 その結果、一所懸命に動かして悪化させてしまう代表的な病気です。しかし決してご心配はいりません。痛くない範囲内で日常動かしていれば一定の期間で必ず治ってきますのでご安心を。 巷で昔50肩をやってそのまま肩の関節が固まってしまったひとを、全く見かけないのが何よりの証拠です
(4)五十肩のリハビリのコツ
肩関節周囲炎は普通、1年位の経過をたどります。そして、大まかに前半の半年は次第に悪化しピークを迎え、後半の半年は次第に回復していくというパターンをとります。 ことに前半の次第に悪化していくサイクルのときには、痛みを誘発するような運動は避けるべきです。ピークを過ぎてから少しずつ運動を開始しますが、これも決して痛みを我慢してまでリハビリをやる必要はありません。
そして、運動の方向性としては、動きやすい角度から始めます。ここがポイントです。普通はやはり、最も動きづらい方向から始めたくなるのがひとの心理だと思います。 この点でも、耳を澄ませば体が動かしやすい方向から動かすように教えているのです。 夜間痛の対策は、前述のようにしてあお向けと側臥位を交互に行います。そうすると、夜間痛がうんと楽に過せます。要はどうしたら痛く無く過せるかの工夫をすることに尽きるのです。
また、やせていて筋肉が少ないひとは重症化、長期化しやすく、逆に筋肉がしっかり発達しているひとや太めのひとは軽症で、しかも短期間で治る傾向があります。 これは骨折の回復でも共通で周囲が筋肉で覆われていると血管分布が豊富で栄養補給がスムーズに行くため治りが早い傾向があります。 なおここでも五十肩の治療的意義は、放置した場合よりはっきり期間が短くなることと、その間楽に過せるし不安がないという意味でも積極的に行うべきです。 またゆっくりと上肢を10秒ぐらいけん引して緩めることを、数回繰り返すことで循環障害が改善し,溜まっていた痛み物質や疲労物質が流れ去り急速に治ってゆくことが多々あります。
これを自分でやるにはドアの取っ手などをつかみ肩関節を痛くない方向で体で引っ張るとできますからやってみてください。 繰り返しますが五十肩を放置した結果、その後一生固まったままになってしまったひとに私は未だ出会ったことがありませんのでご安心を。

都賀治療院のご案内

住      所:
千葉県四街道市和田177-1
お問い合わせ・ご予約
043-312-4525
営業時間:
10時~18時(平日) 10時~18時(土日祝祭日) 
休業日:
毎週火曜日・金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ