四街道市で痛みや疲れが良くならないとお悩みの方は、都賀治療院の整体や鍼灸で元気な身体へ!

top_pc


院長日記

2017/04/30

何をしても治らなかった高齢者の坐骨神経痛の鍼灸治療

2.頑固な坐骨神経痛の鍼通電療法と生活指導のセット療法
T・H 89才 女性 千葉県大多喜町在住
(1)病歴と経過
    T・Hさんは娘さんに連れられて36km離れた町から、タクシーで来院されました。
   痛みの為に全く歩行出来ず、やっとベッドへ寝てもらいました。3ヶ月前より、腰から両下肢への坐骨神経痛で、特に右側に痛みが強いタイプでした。そこで近所の某病院へ通院していましたが、薬アレルギーがあるので薬は飲みたくないとのことで物療などの治療をするも次第に悪化し、ついに家の中も歩けずトイレも困難になりました。
    当院で1回目の治療後少しらくになったが、重症なことと遠方過ぎて通院が困難な為、1週間ごとに往診に行くことにしました。針通電治療と温熱治療の併用と、生活指導を徹底することにしました。3ヶ月間で次第に悪化した原因を分析した結果、次のような問題点が見つかりました。
(2)治らなかった原因分析
    1つは、本人が高齢の為寝たきりになるかも知れないという不安が大きく、また以前から両膝の強度な変形性膝関節症もあり、その時から痛くても我慢して動かさなくてはいけないという思い込みがあり、懸命に動いていたこと。さらに、娘さんや家族も寝込まれると介護が大変だし死期を早めるという思いから、リハビリをしなくてはいけないということで痛みを我慢させ動かしていたこと。リハビリの積もりで、トイレだけでも自分でやるようにとすすめていたことなどの理由から、とうとう動けない程、重症化してしまったということが分かりました。つまり動かすことで坐骨神経根部に出来た傷口を毎日何度もこすり続けていたのですから、治る訳がありません。
 (3)適切な生活指導と鍼灸治療で見事に回復
    そこで当院では往診に切り換え、自宅のベッドでひたすら右上にした側臥位で両股関節と膝関節を屈曲し、両膝の間に毛布を挟んで10cm位の間隔を保ち、部屋にオマルを用意して、食事もベッドで寝たまま摂るようにして、ひたすら安静を指示しました。もちろんお風呂は入りません。なぜ側臥位で股関節と膝関節を屈曲し、両膝の間にたたんだ毛布を入れた姿勢がよいかというと、この姿勢が一番坐骨神経が緩んだ状態だからです。この姿勢のとき坐骨神経の根っこの傷が一番刺激されない為、痛みが最も少ない訳です。そしてこの状態を維持すれば最短時間で治って行くのです。若し途中で痛みを誘発する動作や姿勢をとれば、治りかけた傷を再び引っかいて傷を新しくしてしまうので、また悪化し振り出しに戻るのです。
 (4)坐骨神経が最も治りやすい側臥位
    T・Hさんはあお向けやうつぶせでは痛みが強くて寝ていられなかったのです。因みに坐骨神経痛は、下部腰椎の椎間板のヘルニアや骨棘などが神経根をこすったり、圧迫したりして炎症(傷)が発生している訳ですが、その炎症の範囲に応じて下肢の支配領域に痛みが生じたものです。従ってその構造から坐骨神経が伸ばされてピンと張った姿勢のとき、神経根の傷口への圧迫が増しますので、痛みと炎症が悪化して治りにくい訳です。側臥位で膝と股関節を曲げた姿勢の時坐骨神経は一番緩んだ状態ですから傷に触らないのです。
  (5)トイレも食事も寝たままで、風呂も入らずの1週間が勝負
T・Hさんは、この側臥位をひたすら守り、食事も寝たままベッドで摂り、トイレはオマルで、風呂は入らず、1週間ほどこの状態で過した結果、痛みはピーク時に比べて半分以下になり、トイレは自分で行けるようになりました。その後、1週間に1回合計5回往診し、約1か月でほぼ完治となり、外へも出掛けられるようになり、嬉しくて自分の歩いている笑顔の写真を送って来ました。ほんとうによかったです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒284-0035 四街道市和田177-1
TEL:043-312-4525
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

都賀治療院のご案内

住      所:
千葉県四街道市和田177-1
お問い合わせ・ご予約
043-312-4525
営業時間:
10時~18時(平日) 10時~18時(土日祝祭日) 
休業日:
毎週火曜日・金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ