四街道市で痛みや疲れが良くならないとお悩みの方は、都賀治療院の整体や鍼灸で元気な身体へ!

top_pc


院長日記

2017/07/23

変形性膝関節症の鍼治療と改善トレーニング

中高年で膝の痛い人が目立ちます。膝は人体で一番苛酷に負担がかかる関節です。そして、重要な関節です。

構造的にとても良く出来ている関節ですが負担が大きいために壊れやすい関節でもあります。中高年では関節に変形が始まってやがて痛みが出て来ますが、最近骨の変形度合いと痛みの強さが必ずしも比例しないことが分かって来ました。

若し骨の変形が絶対的要因であれば、痛みが治るとか改善は無いわけですが、実際治る人が結構います。それは関節包と言って関節を包む膜が硬くなりそこで痛みを感じているケースがあってそれを改善すれば治るケースが多々あることが分かって来ました。

また膝の痛みには大腿四頭筋の筋力低下により、関節の固定力が低下して大腿骨と脛骨がぐらついて炎症が起きて発生しています。従って四頭筋の筋力アップと関節包のストレッチが極めて有効です。

具体的な方法はお皿を上下左右斜めの上下左右の八方向に動かす事と四頭筋の筋トレとして、膝の裏にバスタオルをロール状に丸めてそれを押し付ける動作を5秒間3分間御位置に知2~3回行うという簡単な方法です。

1ヶ月ぐらい実効すると効果が出て来ます。その際痛みが出るようなら、力を減らすか回数を減らします。それと、痛みを止める鍼治療は即効性があるので併用することで大幅に改善します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒284-0035 千葉県四街道市和田177-1
TEL:043-312–4525
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/07/09

ハリの即効性のメカニズム

痛みに針が効くメカニズムは古代には分からなかったことですが数十年前に解明されました。それがゲートコントロールセオリーと言います。

怪我をして痛みを感じている神経の分布に一致した部位(ツボ)に、ハリをひびくようにに刺すと、新しい刺激により今までの痛みが消えるというメカニズムで即効性があります。

ぎっくり腰の激痛などが瞬時に楽になります。たった一回で治ることも全然珍しくありません。ぎっくり腰で這うように来た患者さんが帰りは、すっくと立って帰ります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒284-0035 千葉県四街道市和田177-1
TEL:043-312–4525
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/06/07

五十肩の正しい対策と治療法

3.五十肩
(1)あやふやな発生原因と定義
これは、40~50才頃によく発症するということで、いわゆる40肩、50肩と呼びますが、狭義には、肩関節そのものの痛みと運動制限が中心で自然に発症して次第に悪化し、半年位でピークを迎え、その後自然に回復して行き約1年位で治って行く典型的症状をいいます。広義には、肩関節周囲炎といい肩関節の腱板や滑液包の炎症や首~肩甲骨周辺のコリと痛みと運動制限の伴う、肩関節周辺組織に症状が及ぶものをいいます。70~80才になっても時々みうけられますが、そういう人は体が若いということでしょうか。原因は年令による退行変性ということですが、はっきり分かっていません。外傷や内臓の手術、体の変調などがきっかけで発症することもしばしばあります。症状は、いつとはなしに肩関節の可動制限が始まり、次第にひどくなって行きます。症状のピーク時は、可動範囲の限界まで動かすと激痛が走り、一度痛むとその痛みがしばらく余韻として残ります。また、そのピーク時は特有の夜間痛があるのが特徴です。その理由は、上腕骨の骨頭を包む軟部組織(ローテイターカフ)は、立位のとき常に重力で下に引かれていて、適度な貧血状態にありますが、就寝時は重力がはずれて組織が緩むために充血して、炎症と重なって疼くように痛むということです。そして、痛みの為に眠れず昼間の仕事にも影響するなど、結構つらいものがあります。
(2)五十肩の夜間痛対策
また、あお向けに寝ていると次第に力が抜けて上腕が重力で下方(背中側)へ引っ張られますが可動範囲を超えると、関節包やじん帯に張力が加わり痛みが出ますので、患側に座布団などを当てて肩から指先まで腕全体を少し持ち上げた(5~10cm位)状態に保つと、痛みが出にくくなります。横向きで寝るときは、患側を上にして丁度肩の位置と同じ位の高さの抱き枕(毛布などを円筒状に丸めて)を用意して腕をのせておくと楽です。そして、あお向け時用意した座布団などと、横向き時の抱き枕をそのまま置いておき、あお向けと横向きを交互に姿勢をかえると、楽に過ごせ不眠の解消になります。
(3)五十肩の痛み対策
さて本命の痛み対策ですが、肩関節周囲炎においてもしばしば間違った対策が行われております。初期の頃は軽い痛みと軽い運動制限で始まりますが、動きづらいので動きやすくしようとして、リハビリに励む人がいらっしゃいます。そして、少し痛いけれど我慢して動かしていれば、そのうち楽になってくるだろう、という考えで頑張る訳です。そして努力家ほど頑張って、しかしらくになるどころか肩の炎症は次第に悪化していきます。特に熱心に運動した後やその夜などは、痛みがいつもより強くなることが殆どです。肩関節周囲炎では、次第に痛みと運動制限が進行しますから、動かさないでいるとやがては固まってしまい、障害が残ってしまうのではないか、という不安が誰しも頭をよぎります。そして、一所懸命に動かして悪化させてしまう代表的な病気です。しかし決して御心配はいりません。痛くない範囲内で日常動かしていれば一定の期間で必ず治ってきますのでご安心を。巷で昔50肩をやってそのまま肩の関節が固まってしまったひとを、全く見かけないのが何よりの証拠です
(4)五十肩のリハビリのコツ
肩関節周囲炎は普通、1年位の経過をたどります。そして、前半の半年は次第に悪化し、後半の半年は次第に回復していくというパターンをとります。ことに前半の次第に悪化していくサイクルのときには、痛みを誘発するような運動は避けるべきです。ピークを過ぎてから少しずつ運動を開始しますが、これも決して痛みを我慢してまでリハビリをやる必要はありません。そして、運動の方向性としては、動きやすい角度から始めます。ここがポイントです。普通はやはり、最も動きづらい方向から始めたくなるのがひとの心理だと思います。この点でも、耳を澄ませば体が動かしやすい方向から動かすように教えているのです。
夜間痛の対策は、前述のようにしてあお向けと側臥位を交互に行います。そうすると、夜間痛がうんと楽に過せます。要はどうしたら痛く無く過せるかの工夫をすることに尽きるのです。

また、やせていて筋肉が少ないひとは重症化、長期化しやすく、逆に筋肉がしっかり発達しているひとや太めのひとは軽症で、しかも短期間で治る傾向があります。これは骨折の回復でも共通で周囲が筋肉で覆われていると血管分布が豊富で栄養補給がスムーズに行くため治りが早い傾向があります。なおここでも五十肩の治療的意義は、放置した場合よりはっきり期間が短くなることと、その間楽に過せるし不安がないという意味でも積極的に行うべきです。またゆっくりと上肢を10秒ぐらいけん引して緩めることを、数回繰り返すことで循環障害が改善し,溜まっていた痛み物質や疲労物質が流れ去り急速に治ってゆくことが多々あります。これを自分でやるにはドアの取っ手などをつかみ肩関節を痛くない方向で体で引っ張るとできますからやってみてください。

五十肩のはり治療
痛みを発している部位を克明に追及して、そこへハリを響くように打つとよく効きます。とても軽症の場合を除き1回では無理です。しかし重ねて治療すると平均3ヶ月ぐらいで確実に治って行きやがて完治します。

繰り返しますが五十肩が、その後一生固まったままになってしまったひとに私は未だ出会ったことがありませんのでご安心を。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒284-0035 千葉県四街道市和田177-1
TEL:043-312–4525
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/05/21

自分で良かれと思い悪化させていた腕の痛み

3.頑固な上腕の痛みの症例
  T・Mさん 65歳 男性 千葉市在住
(1)病歴と経過
   2年半前から右上腕二頭筋腱のガンコな痛みで悩んでいました。在宅介護で母親の体を寝た姿勢から起こしたり抱いて風呂に入れたりなど、結構負担が大きい生活を続けていたため、発症したと推測されます。  

 この間、整形外科にずーっと通院していたけど全く効果なく2年半にもなると治る気がしないということでした、自分では筋肉が衰えたのが原因だから鍛えなくてはと思っていたところへ病院で筋トレを指示されたのでダンベルを購入して毎日トレーニングをやっていました、治療もこの間ずーっと通って消炎沈痛剤と低周波通電治療などの物理療法を受けていましたが全く治る気配はありませんでした。

(2)最適な生活指導と治療で完治
当院へは、近所の知人がガンコな腰痛が治った経験から紹介されて来院しました。問診で既に治らない原因が判明しましたので、針灸治療と合わせて痛みを誘発する動作をしないようにアドバイスしたところ1週間ではっきりと痛みが軽減しました。

以後は順調に治って行き、約1ヶ月で完治しました。本人曰く、何でこんな簡単に治るのに今までこの原理が分らなかったんだろうと。しかも何ヶ所か行った病院では、ことごとく筋肉トレーニングを指示され、また自分も筋力が低下しているせいで治らないという思い込みから、頑張り続けたということでした。

医師という専門家から指示されれば患者は大抵信じて実行するのは当然です。このように、間違った生活指導をする治療家と間違った考え方をしている患者さんが二人で治療をしている訳ですから、治らないのは当然です。これを絶望のコンビと呼ぶひともいます。

当院へ来院する痛みの患者さんで、難症例のほとんどが痛みのメカニズムを理解していないために、わざわざ治らないような方向に努力しているということが実に残念です。従って日本中では、ものすごい人数の治るべき患者さんが治らないでいるということです。私があえて本を書く理由はここにあります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒284-0035 千葉県四街道市和田177-1
TEL:043-312–4525
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/05/18

藤城博講演6月4日がんに成らない生き方

皆さんこんにちわ
4月29日に続いて第二弾、がんに成らないシリーズを行います。
場所 千葉県 旭市 商工会館 旭市 ロ795-6
時間 13:00受付15:00終了 15:00~がん相談会
申し込み 
富沢 080-9151-8767
ビーバップ 0479-63-6926
今や国民の半分ががんにかかる時代です。しかし原因で遺伝の割合は5%でそれ以外は食事を中心にしたそ生活習慣ということが分かりました。つまりがんは理解すれば自分で防げる生活習慣病なのです。ですから、がんに成るのは詰まらないからやめましょうよ。それは知ることから始まります。

都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒284-0035 千葉県四街道市和田177-1
TEL:043-312–4525
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/05/06

痛みは危険を知らせる信号!痛むことはしない

痛みが治らず、長びいているか、または悪化しているひとの共通項は、痛みに対する間違った考え方を持っていることです。

しかも痛みでお悩みの9割方がそういう方ですから、実に驚きます。
間違った考え方を羅列しますと
1運動不足で筋力が落ちているのが原因だから、多少痛くても我慢して運動していれ
 ばやがて治るはずだ
2痛む関節などは動かさないでいると固まってしまうから、多少我慢しても動かし続
 けないといけない
3痛くて動かしづらい部分を動かすことで動きやすくなってくる、(丁度錆びた蝶番
 に油をさして動きやすくするような感覚)
4毎日どのくらい良くなったかどうか気になるため、痛みを誘発する動作を繰り返す

これらの間違った考え方や行為は人間だけにあるものです。
動物は痛いことは決してしません。痛みは危険を知らせる身体が発する信号である、ということが本能で分かっているからです。

しかし人間は大脳が発達したため、本能の判断をゆがめてしまい、良かれと思って、痛む動作や姿勢をやり続けてしまうのです。その結果長引いたり、悪化している人のなんと多い事でしょう。

日本中でこういう形で、痛みが悪化したり無駄に長びいて苦しんでいる人が大勢います。また、医療費も無駄に使われています。みんなで痛みの意味を間違って解釈しているためです。

しかも整形外科医や治療家など専門家でさえリハビリと称して軽い運動を奨励しますから、患者さんは確信を持って運動して、延々と長引くのですから、なんと皮肉なことでしょう。

痛いことをしなければ、ほとんどの痛みは最短期間で治ります。
逆にどんなに優れた治療でも、日常生活で痛いことをやり続ければ治らないか、長引くだけなのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒284-0035 四街道市和田177-1
TEL:043-312-4525

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

四街道市で、熟練の鍼灸で人気の院長による、お悩み改善情報が満載のブログをお役立てください

四街道市若葉区で信頼と実績のある都賀治療院では、治療家歴35年、延べ40万人以上の方の施術実績を持つ経験豊富な院長がブログを配信しております。
これまでの症例に基づく経験談をはじめ、最新の医療情報や健康に役立つ情報、お体のお悩みを改善するポイントなどをご紹介しておりますので、日頃の健康維持やお悩みの改善にぜひお役立てください。当院の院長は鍼灸師および柔道整復師の国家資格を有するとともに、診療放射線技師の資格や総合免疫治療研究所の所長職、日本食養の会の会長職、断食・玄米自然食研究家としても活動しております。
豊富な専門知識とノウハウを持ち、肩こりや腰痛、ヘルニアや不眠症をはじめ、お体のお悩みに関するアドバイスをブログで配信しておりますので、ぜひ四街道市にある都賀治療院院長ブログをご覧ください。

都賀治療院のご案内

住      所:
千葉県四街道市和田177-1
お問い合わせ・ご予約
043-312-4525
営業時間:
10時~18時(平日) 10時~18時(土日祝祭日) 
休業日:
毎週火曜日・金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ