四街道市で痛みや疲れが良くならないとお悩みの方は、都賀治療院の整体や鍼灸で元気な身体へ!

top_pc


院長日記

2016/10/17

頸から肩甲骨、腕にかけての痛みとシビレの治療と対策

近年、首からか肩、腕ににかけての凝りと痛みを訴える人が増えています。
主な原因はパソコン業務が増えたことと考えられます。

現代の仕事は業種に限らずパソコンは欠かせません。
重い頭をうつむきのまま長時間維持するため、首から肩にかけての筋肉に負担がかかります。
同時にその姿勢は頸椎の椎間板が長時間圧迫されて栄養障害が発生します。

そうすると椎間板の弾力が低下し、
破裂して中身の髄核が飛び出し、脊髄神経根を圧迫して炎症が発生します。
炎症は痛みと、シビレと麻痺を発症します。

炎症や痛みは周辺の筋肉を緊張、硬直させ頸椎に引っ張り状態が発生して増々圧迫され、最悪、症状が悪化し眠れない状況に成ることもあります。時には頭痛、吐き気なども発生します。

治療はハリで痛みを改善すると同時に硬直した筋肉を緩めて循環障害を改善します。
生活指導としては、痛みを誘発する姿勢や動作をしないで過ごすことが重要です。

寝る時は首の角度が重要です。こういう状況ではいつもの枕が最適とは限りません。
タオルなどを詰め物として使ったりして、首の角度を微調整し、一番痛みが少ない角度を探し出してその位置で過ごして下さい。
すると炎症が次第に治まって痛みやしびれが軽快してきます。

座っている時は腕の重みで神経が引っ張られることで、髄核と神経間の圧迫が強まり、炎症がひどくなりますので痛みが悪化します。そういう場合は椅子の肘掛に座布団を巻いたりして高くします。その上に肘を置くと、下から肩、腕が持ち上げられるため、神経が弛んで、圧迫が解除され、炎症が軽減しますので痛みが改善して行きます。

頸椎は腰椎と違い、手術はよほどの場合以外はやりませんので保存的療法に力を注ぐべきです。

つまり「適切な治療と痛いことをしない」という2大条件を闘病中一貫して維持することです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒264-0026 千葉市若葉区西都賀3-8-9 2階
TEL:043-287-2361
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/10

腰椎椎間板ヘルニアの電気分解療法

腰椎椎間板ヘルニアは椎体と椎体の間にあってクッションの役割をしている軟骨の骨折です。
そして割れた軟骨の中身の髄核が飛び出して脊髄神経の根っこを圧迫して神経根部に炎症が起きたものです。

この出っ張りの部分まで鍼を刺して通電すると、出っ張った髄核が電気分解されて体積を減らすため
神経根の圧迫が解除されて次第に痛みが減って来て治って行くものです。

これは当院が35年前に世界で初めて開発した画期的な方法です。
この方法は手術したことと同じです。出っ張りが縮小すれば神経根の圧迫が解除されて治るのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒264-0026 千葉市若葉区西都賀3-8-9 2階
TEL:043-287-2361
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/22

変形性膝関節症が治らない本当の理由と治し方

当院には35年間で沢山の変形性膝関節症の方が来院しました
長期間治らないで多くの医療機関を渡り歩きながら結果として次第に悪化している方が殆どでした
この方たちに共通していたことはリハビリの誤った解釈でした

それはこういうことです
変形性膝関節症は中高年で発症しますから、筋肉が衰えてきた事が原因だから
鍛えればよいと考えます。ここまでは正しい考え方です。
しかしその方法が皆さん全員と言っていいほど間違っているのです。

膝関節は大腿骨と脛骨と膝蓋骨で造られていますが、関節が運動や歩きなどでぐらぐら揺られた結果、
炎症が起きて水が溜まり発症するのです。これは関節を固定している主に大腿四頭筋が弱くなって
膝の固定力が低下して、過体重や運動などに耐えられず発症します。

従って筋力はつけなければいけない訳ですが、大抵の方が、筋力アップの方法として
歩いたり、階段を上下したり、スクワットなどを行います。

あるいは曲がりにくくなったので可動域を拡げようと風呂の中などで、曲げる練習を行ったりします。
これが大間違いなのです。膝関節に負荷をかけるトレーニングは関節に重みを掛けてこすっている訳ですから、
変形が始まってざらざらした関節面同士をやすりをかけているようなものです。

従って、ますます炎症と痛みが増加して症状が進行していくのです。
しかも皮肉なことに頑張り屋さんほど悪化させてしまうのです。

頑張り屋さんは痛みを我慢して努力出来る人ですから短時間で急速に悪化してしまうのです。
その際治療家が先ほどの間違ったリハビリを指導するので、まじめな患者さんほど、悪化してしまうのです。
なんと皮肉で悲しく、無駄な事でしょう。何せ専門家が知ってか知らないで、悪化するための方法を指導しているのですから。

しかし、今まで悪化の一途だったひと達が確実に治って行く方法があります。
それは痛みを出さない生活法と筋力トレーニングです。痛みを出さないことが絶対条件です。

大腿四頭筋のトレーニングは仰向けに寝るか、椅子に座って膝を真っ直ぐ伸ばした状態を維持する。
これを10秒間10回を1日3セット以上行う。筋力が出てきたら反対の足を重しとして載せるとさらに効果が高まります。

その際勿論痛みを出さない範囲内で行うことが絶対条件です。
それと膝の水が引いてゆくツボがありますからそこへ鍼治療を行へばさらに効果が上がります。

治療中は膝関節がぐらぐらしないように伸縮しない「さらし包帯」を巻いておくとさらに早く治ります。
良く見かける、伸縮性のサポーターは膝の固定が出来ませんのでお勧めしません。

このような対策を1週間もしたら、はっきりと軽快して来ますから、
半信半疑の方もこの方法でよいという確信が持てると思います。

その際確実に痛みが無くなるまで運動を始めてはいけません。
充分に治らないうちに焦って運動を始めて、再び悪化させる人がとても多いです。
それほどリハビリが誤って浸透しているのです。

くどいようですが痛みを出さない生活が確実に治るコツです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院は9月19日より四街道の吉岡交差点そばのヤクルト工場前リハビリ施設グッドウオーカーの隣に移転しました
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
9月19日より下記に移転しました
住所:〒284-0035 千葉県四街道市和田177-1
TEL FAX:043-312-4525
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/11

痛みと炎症の関係

痛みのあるところには必ず炎症があることが分かって来ました。と言うことは炎症の原因を断てば痛みは治ります。
腰痛や膝の痛みなどの運動器疾患は特に炎症が主たる原因ですから、炎症を治める治療をすればよいのです。

運動器の炎症の原因は物理的な法則に従います。例えば変形性膝関節症の場合、大腿骨と脛骨という長い二本の骨が大腿四頭筋の筋力低下によって固定力が落ちます。すると関節部分でぐらぐらするため、関節内に炎症が起きます。

そうすると、それを保護しようとして水が増えて同時に痛みが発生して危険を知らせてくれる訳です。
そこで、治すコツは水が引くようなハリと、痛むことはしないという生活指導がセットで重要になります。

痛みが出る動作や姿勢は炎症が起きて水が溜まることにつながり、痛くないことは水が引いて、痛みが軽減して治る方向の証明です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒264-0026 千葉市若葉区西都賀3-8-9 2階
TEL:043-287-2361
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/06

骨盤のずれからくるぎっくり腰や肩こり、頭痛

特に思い当たるふしもないのに、いつとはなしに発症するもの、あるいはほんの些細なきっかけで発症し、

次第に悪化していくぎっくり腰様の腰痛があります。

 

検査すると骨盤がずれていることが殆どです。しかしいろいろな治療で軽快せず、

レントゲンやMRIなどの画像診断で異常なしと言われる人も多いです。

 

こういう場合仙骨と腸骨の間にある仙腸関節の左右どちらかが前方あるいは後方に回転している事が多いです。

その結果足の長さが短くなったり、長くなったりします。また、骨盤のひずみが背骨を上へ伝わり

 

頸椎にも影響して肩こりや頭痛を発生させることもあります。

こういう場合は骨盤を調整してから、頸椎を調整すると腰痛や肩こりに留まらず、思わぬ症状まで改善することが多々あります。

 

逆に骨盤がずれたままいろいろな治療をしても、思うような成果が出ていない人が巷に大勢いらっしゃいます。

是非骨盤のずれを気にしてみて下さい。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒264-0026 千葉市若葉区西都賀3-8-9 2階
TEL:043-287-2361
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/08/29

疲労が蓄積して発症するぎっくり腰の治療法と予防法

腰に疲労が蓄積して発症するぎっくり腰があります。症状は腰に重だるい疲労感が続いているとき、それを放置しておくとやがてふとしたきっかけで、あるいは自然発症的に痛みが出現して動けなくなったりします。

 

この場合の診断はその部位を押したとき、痛み100%では無く気持ち良さも伴っていることが殆どです。そしてハリを刺したときにも多少気持ち良さが伴うものです。こういうケースは響くようなハリを刺して、後陰指圧を痛気持ちいい程度まで圧力を掛けます。

 

押したまま5秒間維持して3秒間緩めるというパターンで一か所に5~6回繰り返して移動しながら辛い部位全面に行います。すると患者さんはあー、痛気持ちがいいですーと言って暮れます。

 

そして終わって立ち上がると嘘のように楽になります。通常2~3回の治療で治ります。しかし急性のいわゆるぎっくり腰は全く治療法が異なりますので注意してください。

 

再度まとめますと、鍼で軽くひびきを取ってから陰指圧で痛み50%、気持ち良さ50%の刺激をすると終わったとき劇的に良くなります。

 

予防法については

こういうケースは腰部の筋群に疲労の蓄積と循環障害が発生し、限界を超えて発症しますから、予防として疲労の段階で凝りと循環障害を改善するためのダイナミックな収縮(軽い筋トレで疲労物質と痛み物質が流れ去る)とストレッチが極めて有効です。1日3回ぐらいやるとよいです。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
都賀治療院
http://xn--u9j816h2lhfitwuwdhu.com/
住所:〒264-0026 千葉市若葉区西都賀3-8-9 2階
TEL:043-287-2361
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

四街道市で、熟練の鍼灸で人気の院長による、お悩み改善情報が満載のブログをお役立てください

四街道市若葉区で信頼と実績のある都賀治療院では、治療家歴35年、延べ40万人以上の方の施術実績を持つ経験豊富な院長がブログを配信しております。
これまでの症例に基づく経験談をはじめ、最新の医療情報や健康に役立つ情報、お体のお悩みを改善するポイントなどをご紹介しておりますので、日頃の健康維持やお悩みの改善にぜひお役立てください。当院の院長は鍼灸師および柔道整復師の国家資格を有するとともに、診療放射線技師の資格や総合免疫治療研究所の所長職、日本食養の会の会長職、断食・玄米自然食研究家としても活動しております。
豊富な専門知識とノウハウを持ち、肩こりや腰痛、ヘルニアや不眠症をはじめ、お体のお悩みに関するアドバイスをブログで配信しておりますので、ぜひ四街道市にある都賀治療院院長ブログをご覧ください。

都賀治療院のご案内

住      所:
千葉県四街道市和田177-1
お問い合わせ・ご予約
043-312-4525
営業時間:
10時~18時(平日) 10時~18時(土日祝祭日) 
休業日:
毎週火曜日・金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ